Chin's Field

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

野球:江藤選手の再出発

 西武・豊田投手のFA移籍にからみ、代替選手として巨人・江藤選手の西武移籍が決定したようです。

 江藤選手と言えば、かつて広島を支えた主砲の一人。
 全盛期にはかの松井秀喜と真っ向勝負でHR王争いをすることのできた、唯一の日本人選手です。

 巨人の「くれくれ病」のおかげでいろんな選手が日陰者の扱いを受けていましたが、ペタジーニ選手、清原選手、ローズ選手、そして江藤選手と、FAで獲得した対応は全て巨人から去る結果となりました。



 野球人気、というより巨人人気凋落の最大の原因と呼ばれた「スタメン総4番構想」が頓挫したことで、原・巨人は一から再建を出直すことになったわけですが、元々好素材の揃う巨人です。堕ちるところまで堕ちた盟主ではありますが、その底力は決して侮れません。
 近い将来必ず阪神と伍して戦う戦力が整うことでしょう。

 また、他球団で活躍してきた選手をFAで獲得しておきながら冷遇を続けると言う悪習にもひとまず終止符が打たれるようで、根本的な改革こそが求められる中での大英断と評価したい。


 特に江藤選手の冷遇ぶりは目に余るものがありました。
 ファンはそういったところにも敏感ですから、いくら大金をはたいて戦力を補強しても、現状の戦力をないがしろにしての補強は、ファンの歓心を呼びません。

 確かに年齢的にはそろそろ秋口に差し掛かる江藤選手ですが、まだまだ彼の能力は一軍で通用するでしょうし、今まではそれを証明する場面すら与えてもらえなかったわけですから、最後の花道を飾るためにも最高の結果だったと信じたい。


 もう既に「巨人独裁」は過去のもので、現在脚光を浴びているのは阪神であり福岡であり、千葉ロッテです。
 別に巨人に固執する必要はどこにもない。
 国内にも海外にも選択肢の多い現在で、出場機会のない巨人にしがみついても意味はありません。


 江藤選手には今年、ぜひとも大暴れをしてもらって、プロ野球を盛り上げていただきたい。
 その能力を充分に持つ選手だと、信じます。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/08(日) 14:02:15|
  2. 野球|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<スポーツ:驚嘆させられた高校スポーツ三昧の正月 | ホーム | 社会:構造計算偽装問題、求められる解決>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chinsfield.blog8.fc2.com/tb.php/75-1d76a211

Chin

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。