Chin's Field

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

競馬:G2 毎日王冠&京都大賞典 感想

 毎日王冠、京都大賞典ともに大惨敗。
 両レースとも、馬の実力がストレートに反映されるという主張は間違ってないんですが、肝心の馬の実力を見誤っちゃぁ、話になりません。(涙)

 しかし勝ったレースは両方とも6歳以上の古豪でした。
 またもや4歳馬は勝負にならず、唯一言い訳できそうなのが鉄砲の利かない牝馬のスイープトウショウだけとあっては、菊を終えて古馬戦線に投入される強力な3歳陣とどう戦っていくのか、寂しい気持ちにもなってしまいます。

 負けた言い訳をクドクド書いてもしゃーないので、今回はコラム的なお話を。


 今回、毎日王冠で注目されていたのは、コスモバルクの動向でした。
 去年のクラシック戦線を盛り上げた主役であり、去年のJC2着のこの馬は、いろんな足かせを常に持ちながらレースに参戦するという実に歪んだ環境の持ち主であることはご存知の通りです。

 道営所属であること、オーナーの意向で振り回されること、鞍上がころころ替わることなどなど、これだけの有力馬が受ける待遇としては破格の劣悪さです。


 あれこれ言われる(ほとんどが同情)この馬ですが、春の一連のレースでは結果が出せず、適距離と思われた今回の毎日王冠でも直線失速。
 秋の天皇賞への出走は不可能となってしまいました。


 陣営は今後、地方招待枠のあるJCへの参戦を睨んでいるようですが、実際のところ、そんな悠長なことを言っていられる状況ではありません。

 一年以上勝利から遠ざかり、戦法も確立できず、適距離もつかみきれていない今の状況では、まともな競馬を期待するほうがおかしいはず。

 OP特別あたりから立て直すなら話は別ですが、何でいきなりJCなのか、理解に苦しみます。


 これではバルクは、ただのオーナーのおもちゃに過ぎないじゃないですか。


 もはや「外厩の星」とかなんとかカッコいいこと言っている場合ではありません。
 また岡田オーナーの理想やメンツも、バルクは充分に立ててきました。

 はやいとこ美浦なり栗東なりに転厩して、中央の馬としてじっくり乗り続けて欲しい。
 バルクに残された時間はあまりに少ないのです。

 岡田さんには、そろそろバルクを解放してあげてほしい。
 普通の馬として扱ってあげて欲しいのです。

 コスモバルクが今後どれだけ活躍するかはわかりませんが、かつてはダービーを視野に入れた馬。
 そんな馬の貴重な才能を、自己顕示欲の道具にだけはして欲しくないもんです。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/11(火) 23:31:38|
  2. 競馬|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<野球:31年ぶり、ならず | ホーム | 競馬:G2 毎日王冠&京都大賞典 予想>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chinsfield.blog8.fc2.com/tb.php/52-67f6d91c

Chin

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。