Chin's Field

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

野球:完全ウェバーではなぜダメなのか、ホントに不思議

 分離ドラフトとか言う、非常に興醒めなシステムが先日初稼動しました。

 高校生だけを対象にドラフトを行い、大学生・社会人は日本シリーズ終了後に再度実施するらしいですが、なんじゃコリャですね、このシステム。

 僕には未だに、高校生だけを中途半端なドラフトの対象とする理由が全くわかりません。
 高校生といえば立派に就職する権利を持つ青年です。
 その点は大学生・社会人となんら変わることはありません。

 「高校生はまだ成人前で、人間的に未熟だから」という声がありますが、それなら大学や社会人になってもまだ野球ばっかやってるアマ選手も大差ありません。

 素直に「高野連対策」と言ってくれれば諦めもつきますが、なんだか大人の勝手な都合ばかりに振り回されて、選手がかわいそうです。


 「選手にだって球団の選択権がある」との主張も聞きますが、そんなのはプロに入って実績を残して初めて言えるセリフでしょうに。


 この数年で球界の勢力図は大きく変わり、現在の常勝球団といえばかつてのダメ虎、ダメ鷹なわけですが、資金力のある球団が上位にいる構造はまだ変化していません。

 しかし、金のある球団が常に強いとも限らず、結局は選手の層をどれだけ厚く出来るかにかかってくるわけです。


 球団強化の一番の近道は、外国人でもFAでもなく、やっぱり育成のはずですよね。


 広島はここ数年、ずっと低迷したままですが、広島出身の名選手は数多く、今も金本選手を筆頭にその構図は変わっていません。
 親会社が変わった福岡も、生え抜き選手を主力として戦っているわけで、やはり育成の如何がチームの浮上の鍵を握っているといえるわけです。

 他にも、中日、ロッテ、西武といった今年の上位は軒並み育成に力を入れており、FAで焼け太りした巨人を見るまでもなく、育成をおろそかにした球団は決して上位に浮上してくることがない。


 でも近年の逆指名を見る限り、やはり一場問題で露見した金銭の絡みはどうしても否めず、育成度外視で球団を選び、結局芽が出ることなく球界を去る選手があまりに多い。


 選手も球界も、近視眼的に1年先、2年先のことを考えるのではなく、全体視野で物事を俯瞰して欲しい。
 客観視が必ずしもいいとは思いませんが、日本のプロ野球はあまりにもその視点がなさ過ぎます。


 5年後、野球ファンが「メジャーリーグがあるから日本にプロ野球はいらない」という判断をしないよう、腹を据えて改革に挑んで欲しいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/05(水) 00:57:49|
  2. 野球|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1
<<競馬:G2 毎日王冠&京都大賞典 予想 | ホーム | 競馬:G1 スプリンターズS 感想>>

コメント

こんにちは

こんにちは。コメント、TBありがとうございました。
NPBだけでなくマスコミも同じだと思いますが、ひとりの高校生というかひとりの人間の将来をもっと大切に考えた制度と運用をしてほしいですね。
そんなことができない大人が多すぎです。
またよろしくお願いします。
  1. 2005/10/06(木) 09:12:09 |
  2. URL |
  3. SEABLOG #L8Z52uj2
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chinsfield.blog8.fc2.com/tb.php/50-61b7fdb1

高校生ドラフトとNPBの意識

 プロ野球の高校生ドラフト1巡目は選択確定選手を間違って発表するという指名される本人にとっては複雑な心境の結果となった。
  1. 2005/10/06(木) 09:09:42 |
  2. SEABLOGスポーツ

Chin

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。