Chin's Field

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

競馬:G? ローズS感想

 昨日に引き続き、先週行なわれたトライアルの考察をしてみたいと思います。

 今回は牝馬トライアル・ローズS
 春の変則2冠・ラインクラフトの登場で沸いたレースですが、勝ったのはオークス2着のエアメサイア

 本来は主役を張るはずだったシーザリオの不在は残念でしたが、この2頭のおかげで秋華賞は退屈せずに済みそうです。

 さて、昨日に引き続き、ローズSの過去10年の上位馬をピックアップしてみましょう。

1着2着3着
05年エアメサイアラインクラフトライラプス
04年レクレドールグローリアスデイズスイープトウショウ
03年アドマイヤグルーヴヤマカツリリーベストアルバム
02年ファインモーションサクラヴィクトリアトシザダンサー
01年ダイヤモンドビコーローズバドノブレスオブリッジ
00年ニホンピロスワンマルターズスパーブトーワトレジャー
99年ヒシピナクルフサイチエアデールブゼンキャンドル
98年ファレノプシスビワグッドラックエリモピュア
97年キョウエイマーチメイプルシロップシーキングザパール
96年ヒシナタリーシーズグレイスマークリマニッシュ



 うーん、セントライト記念と比較するまでもなく、キラ星のごときメンバーですね。

 過去10年で勝ち馬が本番に直結したのは、98年のファレノプシス、02年のファインモーションの2頭だけですが、上位3等となれば更にブゼンキャンドルスイープトウショウが加わります。
 秋華賞上位3着ともなれば、実に10頭もの馬が入線を果たしており、本番への直結度は実に正確です。

 着外の馬の中にも、1998年6着のナリタルナパーク、1999年4着のトゥザヴィクトリー、2000年14着のヤマカツスズラン、2003年5着のスティルインラブ、2004年7着のダイワエルシエーロといった馬達が、秋華賞での上位入線や、その後に混合重賞で勝ち馬となるなど、貢献度は抜群な番組といえるでしょう。


 しかし皆さんもご存知の通り、秋華賞は「荒れるG1」として有名で、特にブゼンキャンドルが勝ったときの配当は、正直競馬から足を洗おうと真剣に考えたほどに、予想の無力さを思い知ったもんです。

 しかしティコティコタックが勝ったときには、競馬って素晴らしいなあ、いや、俺の予想が?と、周囲の目を忘れて歓喜に震えたもんです。


 秋華賞の予想をする上で僕がいつも考慮するのは、出走馬の中で夏競馬期間中に、1000万条件以上の混合レースで牡馬に勝ったことのある馬がいるかどうかです。


 いくら強いとはいえ、牝馬は相対的に牡馬にかなわない部分があり、春競馬の限定戦の中で圧倒的な強さを見せた馬でも、秋以降に牡馬と対戦した場合にコロッと負けるケースがよくあるわけです。

 秋華賞は春競馬の活躍馬と夏競馬の中で揉まれた上がり馬の激突なわけで、夏競馬の中で見る価値のあるレースをして牡馬に勝ってきた馬は、たとえそれが条件戦であっても、3歳牝馬限定G1である秋華賞では充分に戦力になると考えています。

 ティコティコタックがまさにそうだったわけで、僕は今でも二匹目のドジョウを追い求めて無い知恵を絞っているわけです。


 ところが今年の牝馬戦線は、その予想を非常に難しくしている馬が一頭います。
 NHKマイルカップの勝ち馬・ラインクラフトです。


 もし仮にシーザリオが健在であれば、一番人気に押されることは衆目の一致するところでしょうから、この点はあまり言及しないでおきますが、しかし東京芝1600mを男馬相手に完勝したこの馬を軽視する度胸は僕にはありません。


 個人的に東京芝1600mのG1を勝ち抜く力のある馬こそが本当に力のある馬だと信じているクチなので、巷では距離の不安などを言われてはいますが、きっと彼女は2000mくらい、能力でこなしてしまうだろうと思っていますし、実際にこなしてしまいました。

 今回はエアメサイアの直線強襲に屈してしまいましたが、この2頭は基本性能が違うと思っているので、本番は逆転するのではないかと睨んでいます。


 秋華賞では超ハイペースに持ち込むテレビ馬を追いかけて、穴馬が直線追い込むという構図で超大穴が生まれるパターンがありますが、今年のメンバー構成ではエイシンテンダーからその危険な臭いを感じる以外は、特に高速の逃げ馬というのが見当たりません。


 また前出の「夏競馬で牡馬相手に好走した馬」という条件ですが、ローズS出走組ではトウカイルナが門司特別を勝ち上がって参戦しており、ちょいと期待していたんですが結果が出せませんでした。


 実際に秋華賞のメンバー構成を見てみないと判りませんが、ラインクラフトを引き続き応援しようという以外は、トウカイルナを秋華賞までは追っかけてみようかなと思った程度でした。


 ローズSの考察はこんなところです。

 今週は神戸新聞杯。
 予想しないとなぁ。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/22(木) 02:06:48|
  2. 競馬|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<競馬:G1 神戸新聞杯 予想 | ホーム | 競馬:G? セントライト記念 感想>>

コメント

お邪魔します

いましたねぇ、「ティコティコタック」。結構、穴人気してたんですよね。
  1. 2005/09/22(木) 06:31:16 |
  2. URL |
  3. タカボンのパパ #RoLcz1k2
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chinsfield.blog8.fc2.com/tb.php/44-922817cb

Chin

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。