Chin's Field

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

野球:「監督」が問題の本質なのか

 ストーブリーグに片足を突っ込んだBクラス各球団は、来期の人事情報を噂として流すことで、なんとか集客につなげようと姑息に動き回っているようです。

 来期の人事情報が飛び交う球団としては巨人が筆頭。次いで楽天、ヤクルトといったところが脇を固めています。

 特に巨人の情報リークはすさまじく、常にスポーツ紙の一面を賑わしており、しかもここまで露骨に報道されるのを見ると、意図的に情報を流し、話題を自軍に向けさせたいと考えていると勘ぐりたくなってしまいます。

 9月に入っていよいよ優勝争いも佳境というところで、なんとも興を削ぐ話です。

 こういったこと一つとってみても、各球団が自分の球団のことしか心配しておらず、球界全体で統一した方向性を打ち出せない、リーダーシップ不在を脆くも露呈していることに、球界関係者は気付く様子もありません。

 しかしまあ、「巨人次期監督は星野氏が最有力」との噂の真偽はともかく、なぜそんな話題がここまで盛り上がるのか、僕には不思議でなりません。

 ヘッドコーチとして全く成果を出せなかったはずの堀内監督が、緊急にせよ監督に就任したほどの驚きは感じませんが、それにしてもここへきて原氏でも江川氏でもなく、星野氏ですか。

 星野氏はどうやら救世主だとでも思われているようですね。
 理由は、かつてどうしようもなくダメ虎だったタイガースを、2年で優勝に導いた手腕が評価されているから、なんてことはここで改めて書くまでもないことなんでしょうけど。


 今まで一度たりとも日本一になったことのない監督が、ここまで名声を博している理由が、僕には全くわかりません。


 上の文章を読んでいただいてもわかる通り、僕は監督としての星野仙一さんをそれほど評価していない人間だったりします。
 理由は、「星野監督の構想に応えるべく補強・育成を惜しみなく続けた阪神タイガースフロント」こそが賞賛される対象であって、星野監督をリーダシップの鑑のように無条件で賞賛することにはどうしても抵抗があるからです。


 勿論、星野監督は中日時代でも常に上位を争っていた指揮官であり、中日、阪神を通して鍛え上げた選手、コーチの数は相当なものです。ですから よもや星野監督を凡将呼ばわりする気などサラサラないことは、まず誤解のないように願います。


 しかし最近の報道を読むと、なにやら「星野を呼べば巨人は常勝軍団に生まれ変わる」といった論調が大勢を占め、今の巨人は弱体化して全く手に負えない状況なので、熱血漢でグイグイ引っ張っていく星野さんは再建にうってつけ、という判断を巨人フロントが下しているということらしいです。


 僕の考えでは、阪神の強化はフロントの功績であって、同様に巨人の弱体化はフロントの責任です。
 監督の首を挿げ替えただけで常勝化するという、貧困な発想はいかがなものなんでしょうか。


 僕は最初、星野さんの名前が挙がり始めた頃、「ああ、GMに星野さんか。そりゃいいかもね」と思いました。
 巨人が弱い理由は無能なフロントが戦力をマネジメントできないからという単純な原因なので、阪神でGM経験のある星野さんを投入して、弱点であるリーダーシップを強化してマネジメント力を向上させようとする作戦は、確かに効果的だと考えたわけです。


 ところがよくよく記事を読んでみれば、星野さんはGMではなく、監督として招聘されるのだそうな。

 星野さんは体調不良が原因で、中日や阪神の監督をお辞めになったのではないのですか?
 しかも、平行して候補に名前の挙がっていた原辰則氏を助監督にしようという構想まであるとの事。

 なんでかつて日本一になった監督が、日本一になったことのない人の下に付かなきゃいけないの?


 結局のところ、フロントは自分の無能さをひた隠すため、現在の低迷を全て監督の責任として堀内氏を切り捨て、代わりにブランド力のある星野氏を招聘して現状を打開しようと、対処療法的な小手先の作戦を思いついただけであることは明々白々です。

 あれだけの巨大戦力ですから、まず現在5位にいるという事実自体がおかしなことであり、巨大な戦力を率いるだけのリーダーシップもマネジメント力も、今の巨人には皆無なわけです。

 巨大な戦力は、強固なマネジメントを必要とします。
 球界の盟主を自認しながら、残念ながら巨人(および読売)にはその力がなかった。

 しかも自分の力のなさをひた隠し、現場をないがしろにしてすぐに外部に救いを求める体たらく。

 星野さんが監督になれば、今度は低迷の原因を星野さんに押し付けて終わりでしょう。
 改革などというのは寒々しいお題目に過ぎず、今まで培ってきた伝統と歴史の価値はどんどん目減りして、そのうち誰もが相手をしなくなる、極東の田舎球団の一つに成り下がっていくのでしょうね。

 パ・リーグで地元意識を前面に押し出す福岡、千葉、札幌などとは危機感も意識の高さも違います。
 今は日陰でも、ファンはしっかりそういう部分を見ています。

 少なくとも現状を直視しないで大規模な外科手術を施す勇気のない巨人軍に、明日の栄光があるとはとても思えません。

 今すぐに、足元を見た球団経営を行なっていただけるよう、切に願います。

スポンサーサイト
  1. 2005/09/06(火) 23:38:50|
  2. 野球|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<競馬:G? セントライト記念 感想 | ホーム | 野球:ベテラン排斥はフロントの無能を反省するものなのか>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chinsfield.blog8.fc2.com/tb.php/42-78bcee9e

Chin

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。