Chin's Field

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

野球:ベテラン排斥はフロントの無能を反省するものなのか

 みなさま、ご無沙汰しております。

 プロ野球も終盤を迎え、ペナントレースに熱くなる球団と、早くもストーブリーグに突入した球団と、はっきり色分けされる季節になってまいりました。

 しかし今年は上位と下位の差がかなり開くシーズンになってしまいましたね。
 新規参入で戦力の整わない楽天はともかく、巨人や広島、西武、日本ハムといったチームの低迷はいかんともしがたく、特に例年は優勝争いをする巨人、西武の低迷はちょっと寂しいものがありますね。

 逆にロッテや横浜といったチームが検討しており、セ・リーグの優勝争いは中日と阪神に絞られるといった状況で、改革が叫ばれるプロ野球は違った意味で構造が変化してきているようです。

 それでも話題の中心はやっぱり巨人。
 今年は特にひどい低迷に陥ってしまい、今の話題はもっぱら桑田、清原、ローズといったベテランの去就と、来期の体制にフォーカスされています。

 巨人・滝鼻オーナーは、ことあるごとに「若手を使え」と指令を出しますが、FA制度導入以降、若手を使う風潮の少なかった巨人において、いきなり「若手を使え」といわれても難しいものがあるでしょう。
 巨人はとかくベテランばかりのチームという印象がありますが、この十年を振り返ってみても、レギュラーを狙える選手が皆無だったわけではありません。

 特にピッチャーに関しては基本的に生え抜きが中心で、上原、高橋、久保、内海など、ドラフト上位指名のピッチャーは一軍に昇格して戦力になっています。

 が、野手の生え抜きがまずいない。

 高橋、二岡、仁志、阿部といった選手がレギュラーに定着しているので、皆無という表現は語弊があるかもしれませんが、少なくともこれまで後藤、斉藤、佐々木、川中といった、他の球団であれば大事に育てて長い目でレギュラー定着を狙うような若手が、揃って今は中途半端なベテランに成り下がっている現状は、どうにも理解しがたいものがあります。

 巨人ほどのチームですから、ドラフト指名すれば有望な選手が契約を拒否することはまずありえず、若手の素質が他のチームに劣るようなことがあるとは思えません。

 問題は選手にあるのではなく、若手を軽視し、実績と年俸だけがやたらと有り余っているベテランを重視してきた球団の方針にこそ問題があるのは誰の目にも明らかです。

 仮に阪神・赤星が巨人にいたら、彼は一軍でレギュラーを獲得できたでしょうか。
 まずもってそんなことにはならなかっただろうと、僕は考えています。

 しかしここにきて都合のいい方向転換。
 そんな付け焼刃がうまくいくとも思えませんが、オーナーはまずそこから始めようということのようです。

 巨人の低迷はFAや自由獲得枠制度が元凶であるとのことですが、結局のところ適材を適所で使えない首脳陣と、いちいち現場に干渉してくる無能なフロントが問題なのであって、そこにメスが入れば地力のある球団ですから、復活は5年10年なんて気の長い話ではなく、その気になれば来年にだって強い巨人の復活は可能でしょう。

 少なくとも楽天を来年の優勝候補にするよりは、時間もカネもかからないはず。
 ですから、体制が代わるといわれている来期は非常に見ものなんですが、その裏でベテランがいとも簡単に切り捨てられていく現状はどうにも看過しにくいものがあります。

 桑田、清原は言うに及ばず、ローズ、江藤といった元スター選手、先に挙げた後藤、斉藤らの中堅組も、フロントの無能を糾弾される代わりに戦犯扱いされています。

 しかし野球ファンなら誰でもご存知の通り、彼らがそのポテンシャルに見合った待遇を受けているのは金銭だけで、職場で最も必要な「信用」という無形の財産は、球団から全く与えられていない情況の中、腐ったフロントは気軽に「3割30本100打点に優勝」を期待し、怪我や不調で思惑通りの数字が残せないと、今度は同じポジションの同じようなFA選手を引っ張ってきて、競合させていいほうを使うという体たらく。

 たしかにプロ野球は「プロ」集団ですから、そういった厳しい競争も必要なんでしょう。
 しかしクビも切れない、激励もしないような管理職の元で数多くの才能が浪費されていく様に、ファンは愛想を尽かしていることを巨人軍はいつになったら気付くのでしょうか。

 個人的には、不要となった選手を全てウェバー公示してあげればよいのに、と思ったりします。
 かつて松井秀喜とサシでホームラン王争いをした江藤選手がこのまま引退するようなことになったら、もはや「球団選択の自由」だの「自由競争の原則」だのと言っていられないと思うのは僕だけでしょうか。

 プロ野球のFA選手や外国人選手は、傭兵ではなく球界の財産です。
 FA選手への尊敬を伴った対応と、それに応える「プロフェッショナル」な野球選手の繰り広げるハイレベルな野球が僕らは見たい。

 なんだか最近の改革論は、野球の本質からかけ離れてしまい、ビジネスとしてのプロ野球が顧客になにを提供すべきなのか、そこを見誤っている気がしてなりません。

 ハイレベルな、鎬を削るような野球がみたい。
 それにこそファンはお金を払うと思うのですが、いかがでしょうか。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/29(月) 22:11:41|
  2. 野球|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1
<<野球:「監督」が問題の本質なのか | ホーム | 競馬:ガンバレ、新種牡馬>>

コメント

お邪魔します。

そうなんですよねぇ。最近の妙なクサイ演出なんて観たい訳では無いと思います。まぁ、タイガースファンの私は冷ややかな目で見るだけですけど、巨人ファンにとっては歯がゆいばかりでしょうね。
  1. 2005/09/02(金) 06:56:04 |
  2. URL |
  3. タカボンのパパ #9enIUaYc
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chinsfield.blog8.fc2.com/tb.php/41-da3cafc4

巨人と星野氏の茶番、巨人監督は誰でもどうぞ

こんにちは。TBありがとうございました。巨人の野球を面白くすること。フロントはもう少し考えてほしいと思います。
  1. 2005/09/01(木) 15:36:18 |
  2. SEABLOGスポーツ

Chin

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。