Chin's Field

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

競馬:G1 宝塚記念 感想

 もう旧聞に属するでしょうが、せっかく書いた記事なので、先週末の宝塚記念について感想などを。

 G1だというのに気分が盛り上がらず、今回は予想に関しては全くのノータッチ。
 2強対決といわれる割に、なんだか盛り上がらなかったのは僕だけでしょうか?

 今回、ポイントは「既成勢力の力関係に変化はないか?」だった気がしますが、結果的にそれはNOだったようで、スイープトウショウが牝馬ながら他馬を一蹴。見事エアグルーヴ以来の混合G1勝利に輝きました。

 毎年のようにレベル云々を指摘される宝塚記念ですが、今年はゼンノロブロイ、タップダンスシチーが参加していたわけですから、東西の横綱が揃った状況でレベル云々もないでしょう。スイープトウショウの快挙は素直に賞賛されるべきだと思います。
 確かにJCや天皇賞に比べれば、モチベーションが上がらないのも事実かもしれません。それにしたって、年度代表馬や1番人気馬がG1で仕上げに手抜かりがあるはずもなく、陣営としては万全の調整を施したのではないかと想像できます。

 しかし、直線で力なく沈んでいく横綱2頭をみて、やはり釈然としないものが残るのも事実です。


 レース展開は方々で指摘されるように、先行勢が息の入らない流れになり、結果的に後方で末を溜めた馬に有利に働いたのは事実でしょうが、ほとんど無抵抗のように現役最強場が沈んでいくシーンというのは、あまり見たいものではありません。


 タップダンスシチーは、ジョッキーが馬を過信しすぎたように思いますし、JCや去年の宝塚記念のような慎重さがあれば、あれほど惨敗することはなかったんじゃないでしょうか。
 当日は気温が高く、高齢な同馬が疲労した可能性もあるでしょうが、馬の性能が落ちたようには見受けられません。

 ゼンノロブロイも、結局はタップやバルクに引きづられてパフォーマンスの発揮できない展開に引きずり込まれたということでしょうか。 去年の秋に見せた、爆発的な末脚は最後まで見られませんでした。

 2着はハーツクライ。
 一時期の不振からはようやく立ち直ったと見るべきでしょうか?
 僕はまだそこまで信用するのは早計だと考えています。

 3着、ゼンノロブロイは、ぶっつけ本番だったとしても、なんとも歯がゆい敗戦で、こんなことで海外に言って大丈夫なんかいな、と思わせる結果でした。


 ここ2年ほど、振り返ってみれば古馬戦線の中心には常にタップダンスシチーがおり、その周囲をシンボリクリスエスやゼンノロブロイ、その他に前年のクラシック組が右往左往している印象で、古馬陣の層の薄さはいかんともしがたい状況でした。
 近年はクラシック、特にダービーにおける馬のダメージがあまりにも大きく、古馬になっても活躍できたダービー馬は、スペシャルウィークまで遡らないと出てこないし、ダービー出走組も、G1で勝ち負けに至るような馬は1頭出るかでないかといった年が続いています。
 古馬層の充実にはクラシック組の順調な成長が必須なのですが、クラシック戦線を境に急速に色があせていく馬があまりにも多く、逆に言えばあまりにもクラシック偏重になりすぎてしまい、欧米のようにタイトルを取ってさっさと引退することがパターン化されているようにも思えます。

 中長距離部門の駒不足は深刻で、今年の春シーズンは天皇賞をG3級が、宝塚記念を牝馬が勝利しました。
 宝塚記念はそれでも人気になった馬が勝利を収めるパターンが続いていたのですが、それも今年は荒れてしまいました。

 穴党はOKなんでしょうけど、能力検定であるG1が、能力の凌ぎ合いでなくなりつつある気がして、なんだか寂しいです。
 このまま行くと、今年の秋はディープインパクトが、来年の春はシーザリオが中長距離路線を席巻する、なんてことになりかねません。

 クラシック戦線とは縁遠い短距離路線はというと、古馬は非常に元気ですし、牝馬の参戦もあって非常に内容の濃いレースが続いています。 これを、クラシックに乗らなかったことの効用とは考えたくないんですが。


 最近、競走馬全体のマイラー化、なんて話をよく聞きますが、中長距離の主役を張るべき馬達が、クラシックの時点で既に燃え尽きてしまっているのが原因、なんてことはないんでしょうか。

 なかなか難しい問題です。
スポンサーサイト
  1. 2005/07/02(土) 01:14:03|
  2. 競馬|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<野球:ミスターにサヨナラを言おう | ホーム | スポーツ:帝国主義的ルールの限界>>

コメント

こんにちは、毎度です。(笑)

そうですか、宝塚記念は盛り上がらなかったのですか。記事をアップされてなかったので競馬を止めちゃったのかと思って心配?しておりました。(笑)

宝塚記念は私のような穴党の適当予想者には面白いレースでした。波乱を予想したまでは良かったのですが、まさか牝馬に勝たれてしまうとは・・トホホ。

直線でリンカーンがタップダンスシチーをかわして先頭に立った時は、思わずガッツポーズをしてしまいました。まぁ、結果は見ての通り一瞬の夢で終わってしまいましたが・・・(大笑)

「夏競馬は牝馬」と言われておりましたが、それは宝塚記念が終わってから函館や札幌、小倉での競馬での事だと考えていました。しかし、この春のG1の牝馬の活躍を見ていると、地球温暖化の影響でこの定石も前倒しで考えなければならなくなったのでしょうかね?
  1. 2005/07/02(土) 10:01:18 |
  2. URL |
  3. タカボンのパパ #-
  4. [ 編集]

ご無沙汰で失礼しております

本当にお久しぶりです、パパさん。お元気ですか?
いやもうなんだか、ここんとこ毎日午前様になっちゃって。
使えないやつはこれだからこまっちまいます。

しかし僕から競馬を取ったら、趣味が何もなくなっちゃいますよ。
どうぞご心配なく。^^

牝馬が強いのか、牡馬がだらしないのか。
しかしスイープトウショウの切れ味は今の牡馬陣にはないものですからね。
そいつが炸裂したら、ナデ斬りだった、というのは結構痛快でした。

今の古馬陣の頂点は5歳馬と8歳馬。
ディープインパクト率いる3歳層との中間の層の薄さは、いかんともしがたいですね。
夏はハンデ戦が多くなりますから、暑さに強い牝馬が席巻するかもしれません。
短距離は特に層厚いし。

たのしみですね。
  1. 2005/07/03(日) 00:48:44 |
  2. URL |
  3. Chin #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chinsfield.blog8.fc2.com/tb.php/34-b2505afd

Chin

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。