Chin's Field

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

野球:孤高のイチロー

 去年、メジャーリーグの年間最多安打記録を塗り替えたイチローですが、今年も快調そのもの。
 特に今日のボストン戦での走塁などは、才能や技術を超えたイマジネーションを強く感じます。

 スーパースターの最大の条件として、全ての慣習が度肝を抜かれるほどのイマジネーションを持つことだと僕は思っています。
 そう思わせた最初のアスリートはゴルフの帝王ジャック・ニクラウスです。
 そしてさらにその思いを確信に変えてくれたプレイヤーが、NBAのスーパースター、マイケル・ジョーダンなんです。

 随分NBAの試合も見てきたので、今ではたいていのプレーで唖然とすることはなくなりましたが、それでも全盛期のジョーダンのビデオなどを見ると、未だに「なんであんなことが瞬時に出来るんだろう?」と思わせることがあります。

 漫画やハリウッドですら思いつかないようなプレーを、ほんの一瞬のうちに反応して目の前で繰り広げる様は、確かにラリー・バードが「神」とうなるだけのイマジネーションのなせる技というほかありません。

 無論、そのイマジネーションを瞬時に実行できる技術、体力、そして精神力。
 だからこそ彼らスーパースターは、普通のスターとは区別して尊敬を受けるわけです。


 イチローは、残念ながらそこまでの尊敬を受けてはいないようですが、これは彼がスーパースターに必須の条件である「勝利」を達成していないからでしょう。
 仮に彼がヤンキースやレッドソックスにいたならば、今のような「スターの一人」という位置づけでは到底収まりきらないでしょう。
 しかし悲しいかな、彼のバットがいくら火を噴いても、チームの勝利に結びつくことはなく、シアトルは最下位に甘んじています。

 ボストン戦での走塁は、明らかにアウトになるタイミングの本塁に突入し、「ブレーキでフェイントを仕掛けて保守のバランスを崩し、上を飛び越えて塁を奪取しようとした」プレーです。
 野球の走塁には野手のタッチをかいくぐるためのたくさんの技術が存在しますが、バスケットボールでもあるまいに、相手のバランスを崩して上を飛び越えようとするプレーなど、見たこともありません。

 実際に草野球でもいいからプレーの経験がある人にはお分かりでしょう。
 走塁で塁に突入する際、姿勢を崩したりスピードに変化をつけたりすることがどれだけ難しく、ましてや相手を飛び越えるなどということがどれだけ途方もないプレーなのか。

 結果的にアウトにはなりましたが、実はこれ、空タッチだったようです。野手がそれをほのめかしたそうで、「イチローが何をやっても、もう驚かないけどね」と苦笑いしていたそうです。

 そしてそれを聞いたイチローは、初めて「触れられた覚えがない」ことを認めたそうです。

 この辺りもにくいじゃないですか。
 完全にアウトのタイミングでイチローを突入させたのはコーチのミス。
 そこでイチローは曲芸じみたことを試みるも、判定はアウト。
 でも、見ていた観客は充分に楽しんだことでしょう。

 見方によっては「ナマイキ」とか「アピールしないのはおかしい」との意見もあるとは思います。
 しかし僕はこの点を好意的に解釈したい。

 そんなプレーが見られただけでも、お客さんはめっけものだと思うからです。
 それに、その曲芸プレーはイチローが持つ本質的なプレーではないわけで、彼は正々堂々と投手を打ち砕く実力者です。
 その程度のことはご愛嬌でも構わないんじゃないでしょうか。

 言いたいのは、「イチローは既に、予想もしないサプライズを実現できるプレイヤーになっている」ということで、これは心技体全てが高いレベルで安定していなければ叶わないことだと思うのです。


 しかしそんなイチローも、チームの勝利と縁遠いのが何より気の毒。
 実績はもう充分すぎるほどあるんですから、そろそろ勝利を求めて移籍しても、バチはあたらないと思うんですが。

 彼の実力に見合う賞賛が得られるよう、祈っています。

スポンサーサイト
  1. 2005/05/17(火) 00:37:31|
  2. 野球|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
<<野球:サムライたちがブーイングに耐えられるワケ | ホーム | 競馬:京王杯SC 感想>>

コメント

イチローの意地

こんばんは。うちにもコメントくださってありがとうございます。今回のスライディングはイチロー本来のプレーですよ。イチローの凄さって色々あるんですが、私が感じるのはプロとしての一流の意地みたいなものを感じる時です。
スライディングしたけどアウトになると判断したら急ブレーキかけてタッチをかわしてベースを踏もうとするプレーはイチローはよくやります。これは「何が何でもセーフになってやる」という一流の意地です。HRボールをキャッチするのもそう。「何が何でもとってやる」という意地、そして「プロにしかできない、もしくはイチローにしかできないプレーをみせてやる」という超一流の意地を感じます。
これはイチローの凄さのほんの一部ですが、正真正銘の超一流ですね。
  1. 2005/05/17(火) 01:13:37 |
  2. URL |
  3. jagi #y9rl8Xjg
  4. [ 編集]

プロの技ですよね

こんにちは。いつもありがとうございます。
イチローのプレーは打撃以外で守備とか走塁とかも全てに見せる野球ですね。お金を払ってみる価値のあるプロの技だと思います。
日本のプロ野球にはそんなプロが少なくなった気がします。
イチローをヤンキースがほしがっているなんて言う噂もあるようですが、ぜひヤンキースで松井とのコンビで活躍している姿も見てみたいものだと思っています。
またよろしくお願いします。
  1. 2005/05/18(水) 09:43:15 |
  2. URL |
  3. SEABLOG #L8Z52uj2
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます!

確かに、全盛期のMJの様に『何をするか分からない』…そんな奇跡のプレイを魅せてくれる選手になっちゃいましたね。

ほんまにイチローは世界に羽ばたいてしまって、手の届かない人に感じる今日この頃です(^-^;)
  1. 2005/05/18(水) 14:07:12 |
  2. URL |
  3. 02 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chinsfield.blog8.fc2.com/tb.php/20-cefe3228

Chin

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。