Chin's Field

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

競馬:G? NHKマイルC 感想

 NHKマイルは出かけていたこともあり、勝負していません。
 なので感想だけ。

 牡馬はなにやってるんだ???


 NHKマイルといえば、かつては外車がブンブン飛ばして、安田記念も真っ青なタイムで決まる非常にスピード感あふれるレースです。
 しかし、今年は一転して超スロー。

 前半1000m59秒でスローといわれる時代は、一昔前の「1000m1分ちょうどで平均ペース」といわれた時代とは隔世の感がありますが、これってそんな昔の話でもないですよねぇ。
 しかし最近では58秒台のレースも珍しくなく、馬場と調教技術の進歩は目を見張るものがあります。
 実際、前半スローでも勝ちタイムは1分33秒5。上位5頭の上がり3Fタイムは軒並み33秒台。

 その中で勝ったラインクラフトは、ペースのことを考えても横綱相撲で非常に強い勝ちっぷりでした。
 これならばオークスでも充分勝ち負けでは? とも思いますが、今後は休養して秋華賞に向かうようです。
 それにしても、ユーイチは乗れてますな!

 2着もまた女の子。
 桜花賞3着のデアリングハートが男馬を蹴散らしました。

 おそらく参加していれば本命視していただろう、「僕の今年のダービー馬」ペールギュントも、この流れで後ろから行ったのでは仕方ありません。
 むしろよくもまあ4着に来たもんだ。
 このまま順調に成長してくれれば、もう一丁飛躍が期待できるかもしれません。
 しかし春はここまで、ダービーには参加しないとのこと。
 「僕の今年のダービー馬」なのに・・・。
 自分の目の曇り具合がよくわかる逸話です。


 しかし、景気が悪いからなのか、昔のように驚くような外車が出てきませんねぇ。
 クロフネが最後ですかね、G1級の外車というと。

 今回のようにスローペースで直線ヨーイドンになってしまうと、なかなか底力なんかが試されずに器用さだけで勝ててしまうので、もうちょっとダッシュの効いた馬にも出て欲しいもんなんですが。

 しかし近年のタイム向上、馬場の硬化も、そういったレースの抑制に影響があるんでしょうか。
 天皇賞といい、ちょっと気になる傾向です。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/09(月) 23:11:32|
  2. 競馬|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<競馬:長距離戦の厳しい行き先 | ホーム | 競馬:G? 天皇賞・春 感想>>

コメント

同感です(泣々)
  1. 2005/05/11(水) 04:25:12 |
  2. URL |
  3. 「G1」4連敗中の人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chinsfield.blog8.fc2.com/tb.php/14-7101a8f7

Chin

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。