Chin's Field

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

競馬:G1 天皇賞・春 予想

 さて、いよいよ今週はG1でもかなり好きなレース、天皇賞・春です。

 距離短縮論も最近は飛び出している春の天皇賞ですが、無理にグローバル化など狙わなくていいから、このまま続けてほしいと思うのは僕だけでしょうか?

 思い出のレースは1995年のライスシャワー。
 このレースの回顧をいちいち書く必要もないでしょう。

「2500mを超えたら、男は黙ってリアルシャダイ」
 僕の先輩の名言です。

 さて今年はチャンピオンホースのゼンノロブロイがいません。
 年末、あれだけ強い競馬を見せていた馬。
 確かに中距離馬かという気もしないではないですが、チャンピオンには逃げてほしくないなあ。
「逃げてるわけじゃない」というファンの声が聞こえてきそうですが、チャンピオンが怪我ひとつしていないのにレースに出ない。
 こういうことが競馬をつまらなくしていくのではないでしょうか。


 屈腱炎さえなければ、クリスエス、タップダンス、ロブロイらと鎬を削る戦いを繰り広げていただろう、◎ヒシミラクルを本命に。

 この馬には実は懸念があって、本来は叩き良化型であるのに、ステップレースを使わなかったことがどうしても引っかかります。
 確かに60kgを背負った京都記念での3着を復活と見ることもできるんですが、勝ったわけでもありません。
 勝っていれば強気にもなれるんですが、今回はファンだというだけで選んでしまいました。(苦笑)


 二番手は、これも屈腱炎明けの○サンライズペガサス

 正直、ヒシミラクルもサンライズペガサスも、本来であれば引退・種牡馬入りしていておかしくない馬です。
 しかし今回の天皇賞の馬柱を見ても、昔の名前で出ているこの二頭を脅かす存在ような名前が見当たりません。
 それだけ古馬陣の層の薄さが顕著なんでしょうが、長距離は馬の格で決まる、という格言を信じて二番手に。
 三番手は▲マカイビーディーヴァ
 前走はいろいろ理由をつけていたようですが、オーストラリアの馬場の高速化は顕著ですから、芝が合わないかどうかは、このレースまで考えないことにします。
 地球の裏側からわざわざこのレースのために来日した馬。
 ナメることはできません。


◎ヒシミラクル
○サンライズペガサス
▲マカイビーディーヴァ



 今回は爆弾ナシで。
 3頭とも爆弾みたいなものですから。
 と思いきや、◎ヒシミラクルが前日一番人気???

 ・・・どうやらみなさん、考えることは同じなようで。

スポンサーサイト
  1. 2005/04/30(土) 23:16:54|
  2. 競馬|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0
<<競馬:G? 天皇賞・春 感想 | ホーム | 競馬:フローラS感想>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chinsfield.blog8.fc2.com/tb.php/12-4221fd1b

第131回天皇賞(春)結果&回顧

1着 5枠10番  スズカマンボ    安藤勝己  2着 8枠17番  ビッグゴ
  1. 2005/05/02(月) 11:39:47 |
  2. ひま人の風

天皇賞(春)の予想

天皇賞(春)といえば、1月17日の日記にも書きましたが、10年以上も昔にライスシ...
  1. 2005/04/30(土) 23:46:51 |
  2. 競馬とオンラインカジノで小遣いを稼ごう

Chin

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。